FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 l top
中小企業経営者が、どうやったら融資を借りられるか。
信用格付けを上げられるか。
都内金融機関で主に融資審査部門を担当し、金融庁検査なども経験したうえでコンサルタントになった著者が、借入・資金繰りを円滑にする方法や銀行は決算書をどう見るか、銀行を選ぶ際の注意点などをわかりやすく指南しています。


銀行に冷たくされたときの実践交渉術

目次
・金融新時代の常識
・融資を受けやすくするための新常識とは
・銀行と上手に付き合う方法
・銀行は財務諸表の実態修正をどう行うか
・銀行を選ぶときの注意点
・決算書の見方はどう変わったか
・債務者区分・信用格付けを上げられる決算書修正法
・借入・資金繰りを円滑にする方法
・『金融検査マニュアル』が与えた変化
・リ・スケジュール(貸出条件の変更)の交渉方法

著者
須藤利究(スドウリキュウ)
(有)RIKYU・コンサルティング代表。都内金融機関に二十数年勤務、主に審査部・債権管理部に通算1創設後の自行の査定マ室や、店舗での融資担当も経験した。金融庁創設後の自庁の査定マニュアル作成、担保評価基準書や信用格付けの基準作成に主力メンバーとして関わる。また、金融庁本検査の立ち会いも2度経験した。退職後、コンサルタント会社に就職。その後、再び金融の世界に戻り、銀行の審査役を経てコンサルタントとして独立。現在は、都内を中心に経営総合コンサルタントとして、中小企業に起きうる問題を網羅的に助言・支援している。具体的には決算書の見方など金融全般に関わるセミナーの講師を務めたり、債務者区分・信用格付けの上がる決算書作成の指導・支援、事業(経営改善)計画書作成のための具体的助言を行っている。特に金融関係全般の問題解決のための具体的助言や銀行との交渉術は好評を博している。さらに民間の中小企業支援センターの顧問アドバイザーとして、年間60件ほどの金融相談等の活動も行っている。

国金 融資/教育ローン/審査/面接/借り方
国金 融資 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokkin.blog42.fc2.com/tb.php/15-bcca849c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。